バイクと楽器の部屋




友達とやる新しいバンド用に中古で調達した楽器が届きました。
以前プロのツアーで使われていた楽器らしくSKBのゴツいケースに入って送られてきました。


左にいる毛玉っぽい物体は飼い猫のカナちゃん(19歳)
最近抜け毛が凄くて大変。



中身はジラウドの5弦ベース。
現場でしっかり弾き込まれつつ調整されて来たようで、新品の頃とは全く違うベースに育っているそうです。
このベースを制作したご本人の福田さんも鳴りの良さを褒めていたとの事。
ちなみにジラウドのベースは新品で買ってから最低でも1年は弾き込まないとボディが鳴ってこないのだとか。
稀に組み込み時から凄く良く鳴るベースもあるそうですが、普通はほとんど無いみたい。

とりあえずシールド一本で繋いで弾いてみると、4弦から物凄いローが飛び出してきて驚きます。
アンプのボリュームはさほど上げてないのに重低音で部屋がブルブル震えるほど。
それでいて抜ける音なので、これは弾き手の技量が求められる一本だなと思います。

人生初の5弦ベース。ネックめっちゃ太いし、はたして弾きこなせるのか。
このベースの詳細はコチラ
http://www.jiraud.com/J-5/index.html





バイクがレッドバロンで車検整備中。
たぶん来月には乗れる・・・はず。


このページに関するご意見・ご質問は k_gofuku@yahoo.co.jp(かっちゃん)

最終更新日 2017年05月01日17:07

gogo.gs